専業主婦は何社までカードローンを利用できるのか

銀行や金融業者からお金を借りる方法の1つにカードローンがあります。通常、定職についている場合においては、貸し手側としては契約に関しては、年収や事故歴等に関しての審査を行った上で、申込み金額に関しての稟議を行うことになります。また、この場合には、金融業者に関しては総量規制がかかることから、ここでの借入に関しては、年収の1/3を超える金額は受理されないことになります。この場合、何社という捉え方ではなく、あくまでも総額と返済能力に対して融資の判断がされることを理解しておく必要があります。
専業主婦に対しての貸付に関しては、通常では、返済原資が無いということで、銀行や金融業者への申込は却下されることになりますが、最近、広く聞くことできるものとして、銀行系カードローンによる融資があります。概ね、限度額としては30万円〜50万円程度となっており、利息に関しても銀行によっても違いはあるものの、年率3.0%〜14.5%程度の間に設けています。初めての場合でも口座を作り申込みをすることで、受理されると同時にお金を借りることができ、急な場合などでは、非常に便利な方法となります。
但し、大きな問題として保証人があります。一般的な融資とは異なり、ここでは保証人への電話による確認などは行われませんが、代わりに、配偶者の収入証明書の提出が条件となります。つまり、配偶者の収入が1つの保証人の役割を果たしていることを認識しておくことが重要になります。確かに配偶者には内緒で借入を行うこともできますが、万が一、返済が滞った場合には配偶者が代位弁済をすることを理解しておく必要があります。